日本労務センターグループは、社会保険調査・労働基準監督署・労使問題解決・退職金・就業規則・パートタイマー雇用など人材のトータルプロデュースを提供いたします。

社長の右腕 日本労務センターグループ

HOME 企業理念 会社沿革 会社沿革 会社沿革 会社沿革 プライバシーポリシー
調査対策室
労働基準監督署
社会保険の調査対策室
企業を守る就業規則セット
サービス対象エリア
採用プロジェクト
人柄テスト
社会的スキル尺度診断
対人関係診断
セミナー
開催セミナースケジュール
セミナー実績
一人で悩む社長のために
会社を守る!就業規則診断
助成金のご案内
一般財団法人 企業家育成財団
JPBM 高崎支部
労働保険事務組合について

HOME > 労働基準監督署

調査対策室 労働基準監督署

企業の立場で解決します!

労働基準監督署の調査立ち会い経験は数え切れません!
我社には数多い経験の中で培った問題解決ノウハウがあります。
準備と事前の予防策で 企業のリスクは回避・軽減できます。

調査の重点項目

  1. 労働時間の管理を見る。
  2. 未払い残業代(割増賃金)の状況を見る。
  3. 健康診断の実施状況を見る。

監督署の調査は鬱陶しい

調査があれば、企業は「お金」を払うことになります。
未払い残業代の清算や、健康診断を実施するための費用負担などが発生します。

税務調査の方がラク!?

税務調査は“企業”と“税務署”との二者間のやりとりで済みます。
監督署調査は“企業”“監督署”と“社員”の三者が関わるので
非常に煩わしい処理になります。

清算金額にしても税務調査は「解釈の違い」などで課税対象額の
「範囲内」で清算すれば済みます。
しかし未払い残業代の清算となると、社員の数に比例して増えていく
「積み上げ式」ですから莫大な精算額になることもあります。

この比較だけでも税務調査よりも監督署の調査対応の方が煩わしいことが
理解いただけると思います。
予防
監督署の調査対策も大事ですが、裁判になった際に、企業が勝てる「仕組」
を念頭に置いて準備することが大事です。
訴状が届いてから弁護士に相談しても「手遅れ」です。
「事後処理」がメインとなります。
せいぜい金額をちょっと下げて手を打つ(和解)くらいしかできません。
我社は「予防処理」が大事だと考えています。
《監督署 対策・対応コンサルティング》をお勧めします。
困ったなぁ 不安だなぁ と思ったら 気軽にご連絡ください。
多少のヒアリングを行い、「経営者」の方とお会いしてコンサルティング
内容や金額を打ち合わせて進めてまいります。
お問い合わせ
ページトップ
copyright 2006 all right resarved.